税理士にアドバイスをもらった掃除のプロ

私の友人が、松山でお掃除のプロとして、仲間5人で起業しました。
会社や施設などでは、お掃除のプロと契約をして年に1回~2回とかで来てもらっているようですが、最近は一般の家庭でもプロのお掃除を頼む人が増えているそうです。
50年ほど前は、親子3世代家族総出で年末の大掃除をやっていたものですが、近年は核家族化が進み少数の家族での掃除は大変になってきました。
そこでお掃除のプロに頼む人が、多くなってきたということなんです。
ひと口で掃除と言っても、エアコンや洗濯機の内部の掃除などは個人では難しいですよね。
友人は起業する前、松山の税理士に相談をしていろいろとアドバイスをもらったそうです。
まず、料金をうやむやにせず明確に設定してお客さまに伝えること、一度伝えた金額に追加をしないこと、他の業者よりテキパキと上手に掃除をすることなどです。
お掃除業者は、これからどんどん需要が伸びる職業であり、売掛や仕入れなども少ないため利益率が高いとされています。
初期費用も少なく済む上、何よりお客さまに大変喜んでもらえることが何よりもやりがいにつながると友人は話しています。